Singel 250
1016 AB Amsterdam
The Netherlands
Paris
"Satsuma Week" exhibition
at Galerie Vivienne
フランスパリ
150年前のパリで薩摩藩が実行したPR戦略を披露いたしました。
会期: 2017年10月22日(日)から10月26日(木)の5日間
会場: GALERIE VIVIENNE, 4 Rue des Petits Champs,75002 Paris http://www.galerie-vivienne.com
展示内容:(1) 鹿児島(薩摩国)当時の薩摩国と現在の鹿児島、(2) 英国留学生を含む歴史 近代化を進めた薩摩藩と使節団、(3) 1867年パリ万博 (場所、建物、参加国、薩摩藩の出展とそのエピソー ドなど)、(4)パリ万博出展にかかわった人物、(5)パリ万博出展に関連する書類、(6)薩摩焼などの出展品
演出:薩摩ボタンの絵付けワークショップ、大島紬の着付け体験、薩摩焼酎の試飲会など
主催:Satsumaウイーク実行委員会
共催:オランダ法人Spin180
ご協力:鹿児島県
London
"the Kyoto Tea House" exhibition
at Daiwa Japan Foundation
英国ロンドン
「京の茶室展」@ロンドン
室町時代、日本の高貴な人々の間に浸透してきた茶の湯は、将軍足利義政により、京都の東山にあった山荘から素朴な茶の湯の美的感覚に変遷していきました。この展示会は、京都にある茶室をあらゆる角度からご紹介し、禅宗に影響を受ける日本の美の粋、「侘び寂び」をお伝えいたしました。
展示内容:京都に現存します茶室の建築の概説および立体展示
演出:書家 川尾朋子さんによる書道の実演、空間を茶室に見立てた建築物「帰庵」の」展示およびお茶会
会期:2017年7月20日(木)から8月22日(火)
オープニングパーティー:2017年7月20日(木)18:00-20:00
会場:大和ジャパンハウス ロンドン
Daiwa Foundation Japan House 13/14 Cornwall Terrace (Outer Circle) London NW14QP
主催:大和日英基金 http://www.dajf.org.uk/ja/
共催:オランダ法人 Spin180BV
協賛:株式会社ENYSi
特別協力:京都府、宇治田原町、宇治市教育委員会、木谷製茶場、中村昌生、大徳寺 大慈院 戸田惺山、山中工務店 稲井田将行など
Shildon
"Osaka Trains" exhibition at
Locomotion, the National Railway
Museum at Shildon
英国立鉄道博物館シルドン
大阪・関西鉄道史展示会2017
イギリス国立鉄道博物館シルドン
鉄道網の構築で大衆の生活圏の拡大と豊かなライフスタイルをもたらした大阪・関西の鉄道史展をイギリス国立鉄道博物館シルドンで開催いたしました。
展示内容:鉄道各社のエンターテイメント事業の歴史と現在、大阪の歴史と文化会期:2017年3月27日から同年4月27日
会場:イギリス国立鉄道博物館シルドン http://www.nrm.org.uk/planavisit/visitshildon
開催記念パーティ: 2017年3月30日(木) 18:00〜 ゲストスピーカー:イギリス北東部商工会議所代表 James Ramsbotham氏、公益財団法人大阪観光局 中村哲也氏
主催:オランダ法人 Spin180BV
共催:公益財団法人 大阪観光局
ご協力:近畿日本鉄道株式会社、京阪電気鉄道株式会社、南海電気鉄道株式会社、西日本旅客鉄道株式会社、阪急電鉄株式会社、阪神電気鉄道株式会社(50音順、敬称略)
Oldham
"Follow the Thread" school art project
at Gallery Oldham
英国オールダム美術館
「糸を辿る」学校プロジェクト
鹿児島県いちき串木野市とイギリスオールダム市
1867年五代友厚ら薩摩藩は、イギリス オールダム市を訪れ、当時オールダム市に存したプラットブラザーズ社(現在のトヨタ自動車創設と深いつがなりを持ちます。)より最新型紡績機械と当該機械の整備にあたる英国人技師たちを鹿児島へ持ち帰りました。この五代友厚ら薩摩藩の行動が、日本で最初の機械性紡績工場を稼働させることとなりました。大島紬などの織物が鹿児島の伝統工芸として力強く残るのも「糸を辿る」からつながります。 日英両国による学校プロジェクト: 五代友厚ら薩摩藩がイギリスへ船出を切った鹿児島いちき串木野市にあります「いちき串木野市立羽島中学校」と、プラットブラザーズ社が存したオールダム市にあります「イギリス公立クロンプトン小中学校」の子供達が、日本の近代黎明の重要な一つとなった薩摩藩の行動を学び、当時を想像し、それぞれが一枚の絵を描きます。そして完成した一枚の絵をお互いに交換し、150年前に遡り再び国際交流をスタートいたします。 補足: 両国の子供達がいつまでもお互いを支え、交流を続けていくことを願い、このプロジェクトを企画しました。
イギリス国立オールダム博物館には5月下旬より、羽島中学校の子供達の絵とともに、薩摩藩、鹿児島の紹介などが展示されました。
Uji
"the Kyoto Tea House" Japan
exhibition at Uji
日本宇治京都府茶業会議所
2017年夏、ロンドンで開催しました「京の茶室展」のご報告展を「お茶の京都博」の一部として執り行わせて頂きました。宇治は宇治茶と源氏物語の町は、宇治川、宇治上神社がある穏やかで歴史ある風景です。
会期: 2017年10月2日(月)から10月31日(火)
会場: 京都府茶業会館
展示内容:(1) ロンドン展の模様、(2)イギリスと日本茶、(3) ロンドンについて
主催:京都府
共催:オランダ法人Spin180
ご協力:乃村工藝社
the Netherlands
Flood prevention for Aichi Prefecture
in the Hague, Delft & Rotterdam
オランダ王国
デン•ハーグ、デルフト、ロッテルダム
2017年9月 愛知県防災危機管理課 によるオランダ水管理視察(デン・ハーグ、デルフト、ロッテルダム)をアテンドいたしました。
国土の半分以上が海抜0m以下のオランダでは、災害対策の歴史が深く、近年のオランダの研究機関デルタレスは特に有名なグローバル指針となっています。類似の問題を抱える愛知県、その他日本の特定地域は明治初期から治水技術を導入するべく技師を招聘するなど災害対策交流の背景があります。この視察では上記3箇所を回り、緊急事態の対応問題点、中央政府と州政府それぞれが保持する決定権、住民避難計画、防災情報伝達、マニュアルの整備、市民・自治体・学校・企業との連携、インターネット情報に係る問題点(フェイク情報の管理対応)などのヒヤリングを行いました。
Manchester
"Godai Tomoatsu" exhibition
at the Royal Exchange Theatre
英国マンチェスター
五代友厚訪英150周年記念展示会
産業、商業経済の近代化を学ぶためにイギリスを訪れた五代友厚の足取りを追います。
展示内容:(1)五代友厚(2)英国留学生 (3)薩摩国
会場:イギリス旧証券取引所(五代友厚が実際に訪れた場所の一)
主催:オランダ法人 Spin180BV
特別協力:マンチェスター商工会議所、大阪商工会議所、大阪証券取引所、鹿児島県
Caphouse Colliery
"Sakubei Yamamoto" exhibition
at the National Coal Mining
Museum for England
英国立炭鉱博物館
2017年9月 愛知県防災危機管理課 オランダ水管理視察(デン・ハーグ、デルフト、ロッテルダム)をサポート致しました。
国土の半分以上が海抜0m以下のオランダでは、災害対策の歴史が深く、近年のオランダの研究機関デルタレスは特に有名なグローバル指針となっています。類似の問題を抱える愛知県、その他日本の特定地域は明治初期から治水技術を導入するべく技師を招聘するなど災害対策交流の背景があります。 この視察では上記3箇所を回り、緊急事態の対応問題点、中央政府と州政府それぞれが保持する決定権、住民避難計画、防災情報伝達、マニュアルの整備、市民・自治体・学校・企業との連携、インターネット情報に係る問題点(フェイク情報の管理対応)などのヒヤリングを行いました。